ライブラリ登録: Guest
IHTC DL ホーム アーカイブ 役員 今後の会合 国際伝熱会議の集会

国際伝熱会議のデジタルライブラリへようこそ

研究論文は、オーストラリアのシドニーで開催された第13回国際伝熱会議で発表され、この会合はオーストラリア流体熱工学学会とオーストラリア技術者協会の共同後援のもとで行われました。第13回会議はこの長年続いてきた会議の中で初めて南半球で開催された会議でした。

国際伝熱会議は40年以上も続く会議であり、1962年から4年毎に開催されてきました。会議の目標は、熱・物質移動に関するアイデア、方法や研究結果を展示し、意見交換を行う場を提供することにあります。基礎および応用の両方における全ての側面に関する研究論文が発表されてきました。

第13回会議では33の基調講演が行われ、これにはASMEやAIChEのマックス・ジャコブ賞やドナルド・Q・カーン賞の受賞者による講演が含まれ、657の寄稿論文(全て国際科学委員会の会員と多大なる貢献を提供しているその同僚によって査読済み)、7つのパネルディスカッション、最後の駆け込み提出された論文のプレゼンテーションを行う場であるオープンフォーラム、本やジャーナルの展示があります。また、ソーシャルイベントや視察などの様々なプログラムも提供されました。




最もダウンロード回数の多い記事

IHTC-13 Digital Library

Measurement of fluid temperature with an arrangement of three thermocouples FLOW BOILING OF A HIGHLY VISCOUS POLYMER SOLUTION